リンクのページ


所属合唱団・関連先サイト

【同志社混声<シャンテ>】

CCD(同志社学生混声合唱団)OB・OGを主体として発足した合唱団「同志社混声シャンテ」。今年30周年を迎える

   
【千里バッハ合唱団】

千里中央を拠点にバッハを発信し続けて38年目。2020年にはヨハネ受難曲が予定されている。

【京都ゲヴァントハウス合唱団】

2020年には阪哲朗によってドイツレクイエムを歌う「京都ゲヴァントハウス合唱団」

【大阪ゲヴァントハウス合唱団】

波多野均、次いで萩原寛明を迎えて活躍中の「大阪ゲヴァントハウス合唱団」

【アイヴィー室内合唱アカデミー】

ルネッサンスから初期バロックを歌い続ける「アイヴィー室内合唱アカデミー」

   

友人知人のサイト・ページ

【東クロブログ】

市島章三亡き後その“Hail Our Glee Club”の遺志を継ぐべくSさんによって始められた「東京クローバークラブ ブログ」

【HIMAHIMANI】

中学時代の恩師・としき先生は御齢傘寿を超えてブログをはじめられた。題して「暇々に/思いのまま」

【植地貞夫】

ここ10年来の二科展出品作を中心とした特別展
2006年二科会員賞受賞

【気まぐれPhotoDiary】

浦修造の傑作写真を楽しめるブログ

【のぼやん】

アルパインフレンド・のぼやんのブログページ。1930年生まれってホントですか?

ozsons

主宰・爵士楽堂主人。果たしてその正体は? そんな詮索はともかくとして、このサイトはジャズコーラスの洪水なのです。まあいっぺんお立ち寄りを (爵士楽とは中国語でJazzのことだそうです)

【近藤隆】

中学時代絵画にテニスにフィールドにその人ありと知られたtakaは今も“青春”です。フットワークを生かした写真と時宜を得た画面をご覧じろ

【LaStella】

いろんなことをやってのける女声アンサンブル“ラ・ステッラ”。サイトを見ても楽しいが何よりも真骨頂はホールを揺するが如きライブ。

   

in Memoriam

【SAM】

GLEE34会WESTでは夙に知られた才人・国際人・SAM教授の傑作集。チャーチルが裸足で逃げ出す出来栄え(と本人が申しておりました)
哀悼・藤原正巳(2019.7.21没)

-別館-
† 哀惜 †
【ヘイルアワグリークラブ】
2016年プロバイダにより閉鎖

東京クローバークラブをサポートすることを主軸に、合唱界、ボーカル界、さらにオルガンの世界まで網羅するページ
哀悼・主筆・市島章三(2013.5.17没)